当協会について

産業経理協会とは

一般財団法人産業経理協会は、会社、その他諸団体における財務、経理等の研究、調査及び普及を行う目的で活動を重ねているもので、この種の団体としてはわが国で最も古い歴史をもっており、沿革は以下の通りでございます。

沿革

1941年9月13日 日本原價計算協會 創立

1942年9月14日 財團法人 日本原價計算協會

1946年5月13日 財團法人 産業經理協會(名称変更)

2013年4月1日 一般財団法人 産業経理協会
(一般財団法人へ組織変更)

事業内容

Ⅰ.経理・財務及びこれを中心とする経営管理に関する研究会・講習会・講演会の開催
>>>詳細はこちら

Ⅱ.調査・研究及び情報の収集

Ⅲ.情報の提供

Ⅳ.印刷物の刊行等

Ⅴ.研究援助金寄附の実施

◎当協会の”定款”はこちらからご覧いただけます。>>>定款(PDF)

きごう

「吾等は会計奉公の精神を堅持し企業財政の健全化による邦国経済の永遠なる繁栄に寄与することを本領とす」
(当協会第3代会長 太田哲三の揮毫)



会長挨拶

会長

いわゆるグローバル化の進展によって、これまでの国民国家を単位とする経済の枠組みが揺らぎ始め、不確実性という難題が、日本の経済社会に不断に押し寄せています。

こうした現況下において、的確な問題解決を図りながら、組織存続の中長期的安定性を確保するために求められる究極の課題は、モラールの高い人材によって構成され、新たな課題に積極的に対応できる企業風土を形成することであります。

その際、意識的に努めなければならないことは、各部門で仕事を支える人材を継続的に育成して行くことであり、特に組織の頭脳に当たる管理部門の重要性は今後一層高まることとなります。

1941(昭和16)年9月に日本原價計算協會として発足した当協会は、爾来70有余年にわたり、会社その他団体における財務、経理等の研究、調査および普及を行うことを目的に活動を重ねて参りましたが、特に最近では上述の時代背景を念頭に、企業組織を司る会社役員、経営幹部、そして管理部門の皆様にご研鑽をいただく機会を多数設けております。また、研修計画に利便性の高い賛助会員制度も用意しておりますので、是非ともご活用いただければ幸甚に存じます。

会長 八木良樹