経理部長会

 2014年度(第48年度)

概 要

 経理部長会は、我が国の経済界をリードする会社の経理担当役員・経理部長の皆様の情報交換をはかるとともに、直面する諸問題について研究討議を図る目的で1967(昭和42)年に発足し、 以来半世紀近くにわたり「月例講演会」、「分科会」等を中心として活動を重ねております。

 ここにご案内申し上げる「月例講演会」においては、会社経営の中枢を担うメンバーの皆様の広範なご関心にお応えする意味で、 会社経営を取り巻く経営・経理に関する問題をはじめとして、経済・政治・国際問題や社会、宗教、芸術にも及ぶ広い範囲にテーマを求め、毎回各界の第一人者を講師に迎えた講演を実施し、 併設する「会社経理分科会」においては、転変著しい経理・会計に関する実務上の諸問題への解決に向けた具体的検討を進めております。 さらに、当財団主催の会計実務に関連する「セミナー」、「短期講習会」についても、メ ンバー登録を頂いた際には割引金額でご参加いただけるなど、 経理部長の職責を担う皆様のご期待に十分お応えできるよう、運営を図っているところであります。

この機会に、是非ともご参加を賜りたく、ご案内申し上げる次第でございます。

経理部長会 前年度開催実績

メンバーの皆様の意向に副いながら、時宜を得たテーマを柔軟に設定いたします。

「現代に求められる『和』のこころ」河野 良文 氏
(高野山真言宗別格本山大安寺貫主)
「マルクスは現代の資本主義をどう見るか -『資本論』から見ると」的場 昭弘 氏
(神奈川大学経済学部教授)
「2018年『日本の死』を避ける道はあるのか -日本興亡150年史」前坂 俊之 氏
(ジャーナリスト・静岡県立大学名誉教授)
「近づく参院選とその後の政局展望」山田 孝男 氏
(毎日新聞政治部専門編集委員)
「日銀の異次元緩和とその副作用」加藤  出 氏
(東短リサーチ取締役社長・チーフエコノミスト)
「IFRSの現状とわが国の対応」北村 敬子 氏
(中央大学商学部教授 )
「宮大工の仕事とは -技を伝え、人を育てる」小川 三夫 氏
(宮大工棟梁・鵤工舎創設者)
「多角的分析による展望 -金融情報・公文書から読み取れること」岩本 沙弓 氏
(大阪経済大学客員教授)
「能の見方、楽しみ方」馬野 正基 氏
(観世流能楽師)
「メディアの正しい使い方 -視点の多様化をいかに実現するか」森 進也 氏
(ドキュメンタリー映画監督)
「消費税増税後、アベノミクスはどうなるか」田村 秀男 氏
(産経新聞論説委員兼編集委員 )

要 項

コーディネーター
八木 良樹 氏
産業経理協会会長/日立製作所名誉顧問
安藤 英義 氏
産業経理協会理事長/一橋大学名誉教授
期  間
毎年4月より翌年3月まで(8月を除き) 毎月1回開催
時  間
12:00 ~ 14:00(開場11:30)
12:00 ~ 食 事
12:30 ~ 講 演
会  場
経団連会館 4階 または 5階
住所:東京都千代田区大手町1-3-2 br />電話:03-6741-0222
参 加 費

97,200円(税込)(非賛助会員1口につき)
93,960円(税込)(当協会普通賛助会員1口につき)
89,640円(税込)(当協会正賛助会員1口、本会の継続1口につき)
無料(当協会特別賛助会員1口)
※各一口分。資料代を含みます。
※なお、「会社経理分科会」へのご参加の際は別途、参加費を頂戴します。

お申込およびご連絡先

ダウンロードした申込書をプリントしていただき、必要事項をご記入の上、FAXにてご送信下さい。
>>>お申込書(PDF)ダウンロード(2014.4~2015.3)

【連絡先】一般財団法人 産業経理協会
住所:東京都千代田区神田淡路町1-15-6
電話:03-3253-0361