監査役業務研究会

 2014年度(第40年度)

概 要

本研究会は、過去40年にわたって、わが国における公正妥当な監査役業務の定着をはかり、企業の効率的な経営と発展、 ひいては日本経済の健全な成長に貢献すべく活動を重ねているものであります。 特にこの数年来、コーポレートーガバナンスのあり方をめぐる論議の高まりとともに、監査役の役割や機能に対する社会の要請、期待は非常に高いものとなっており、それを受けて、 本研究会においても、監査役の重責を担う皆様が解決を迫られる諸課題を適時取り上げるとともに、メンバー、リポーター、コーディネーターの忌憚のない発言に基づく徹底した研究を進めることにより、 メンバー各位の監査実践に大いに寄与いたしたく存じております。

監査役業務実務研究会 テーマ・講師例

メンバーの皆様の意向に副いながら、時宜を得たテーマを柔軟に設定いたします。
以下に、ご参考として、前年度実施したテーマ並びに講師を掲載いたします。

「最近のグローバル法務リスクの変化と監査役の責任 -海外贈賄リスク対応を中心に」内田 芳樹 氏
(MDPビジネスアドバイザリー代表・ニューヨーク州弁護士)
「社外取締役・独立役員の意義と機能」藤原 俊雄 氏
(明治大学法科大学院教授)
「「日本版スチュワードシップ・コード」に関する動向と企業に求められる対応」有吉 尚哉 氏
(弁護士)
「国会上程中の改正会社法案と監査役としての課題」松原 大祐 氏
(弁護士・ニューヨーク州弁護士)
「本年度の監査役の期末監査の留意点 -2013年度の変化点を中心に」大橋 博行 氏
(株式会社理経監査役・公認会計士)
「本年度株主総会と監査役としての準備」村中 徹 氏
(弁  護  士)
「監査役は企業集団リスク管理にどう関与するか -通常監査から危機管理監査まで」國廣 正氏
(弁護士)
「本年株主総会と監査役の対応」家近 正直 氏
(弁護士)
「監査等委員会設置会社への移行を巡る検討課題 -監査役会設置会社との比較において」中西 和幸 氏
(弁護士)
「判例や調査報告書から見た監査役の行動規範と法的責任」山口 利昭 氏
(弁護士)
「株主総会の総括と今後の課題」下山 祐樹 氏
(三菱UFJ信託銀行 証券代行部主席会社法務コンサルタント)

要 項

コメンテーター
酒巻 俊雄 氏
早稲田大学名誉教授/弁護士/元産業経理協会評議員
コーディネーター
※本年度は、次の方々に毎回交替でご出席いただきます。(50音順)
石山 卓磨 氏
日本大学法科大学院教授/弁護士
伊東 敏 氏
日本電気(株) 監査役役職/公認会計士/産業経理協会評議員
内村 健 氏
住友ベークライト(株) 常勤監査役
大橋 博行 氏
(株)理経 監査役/公認会計士/産業経理協会参事
尾上 正二 氏
(株)じげん 常勤監査役
黒岩 法夫 氏
京王電鉄(株) 常勤監査役
町田 祥弘 氏
青山学院大学大学院教授
村中 徹 氏
弁護士
脇田 良一 氏
名古屋経済大学大学院教授
レポーター
※学者、実務家、弁護士、公認会計士のほか本会会員など、
テーマに応じ適時、適切な方にご報告いただきます。
期  間
毎年11月より翌年10月まで(8月を除き) 毎月1回開催
時  間
12:00 ~ 14:30(開場11:30)
・12:00 ~ 食 事
・12:30 ~ 講 義
・14:00 ~ ディスカッション
会  場
経団連会館 4階 ダイアモンドルームルーム
住所:東京都千代田区大手町1-3-2
電話:03-6741-0222
登録資格
監査役・取締役(監査委員会委員)及びこれに準ずる役職にある方
参 加 費

164,160円(税込)(非賛助会員1口につき)
153,360円(税込)(当協会普通賛助会員1口につき)
131,760円(税込)(当協会正賛助会員1口、本会の継続1口につき)
110,160円(税込)(当協会特別賛助会員1口)
※各一口分。資料代を含みます。

お申込およびご連絡先

ダウンロードした申込書をプリントしていただき、必要事項をご記入の上、FAXにてご送信下さい。
>>>お申込書(PDF)ダウンロード(2014.11~2015.10開催分)

【連絡先】一般財団法人 産業経理協会
住所:東京都千代田区神田淡路町1-15-6
電話:03-3253-0361